神殿に行くために犠牲を払うことはどのようにして永遠の祝福をもたらすのでしょうか

タスマニアのある家族は、大きな犠牲を捧げ神殿に行くときに救いの計画の大切さを学びました。  現在、全世界にある末日聖徒イエスキリスト教会の神殿の数は146で、ほかにも約30の神殿が建設中です。 このようにたくさんの神殿が建設されたことで、過去より多くの聖徒が神殿に参入する機会にあずかっており、現在は必ずしもすべての教会員が神殿に入るために劇的で大きな犠牲を捧げる必要があるわけではありません。しかし、わたしたちはみな、主の宮に行くためにどんなものでもなにか犠牲を捧げるときに、大きな祝福を受けることができます。 エリザベス・マキ姉妹が「わたしにできる最も小さなこと」という記事で紹介したベンダー家族の話は、わたしたちが神殿に行くために犠牲を捧げることがたくさんの祝福をもたらすことを教えてくれます。その祝福の一つは神様の永遠の真理に関してより深い知識を得られるということです。 1995年、ニュージーランドに神殿が建てられるという発表を聞き、タスマニアというオーストラリア南方の小さな島に住む先住民族であるベンダー家族は喜び、期待に胸を弾ませました。ベンダー家族は家族歴史活動を熱心に行っていました。ベンダー家族にとって、いつか神殿に参入して、永遠の家族として結び固められ、先祖のために救いの儀式を行うことは優先事項だったからです。 当時、一番近い神殿でさえ地球の裏側にあったので、ベンダー家族は神殿に行ったことがありませんでした。 オーストラリアから東へ1500マイルほどの距離のニュージーランドに神殿が建つと聞いたとき、ベンダー家族は、ニュージーランドに行き、奉献式に出席するためにお金を貯めようと決心しました。両親も四人の子供たちも、ベンダー家族の一人一人が必要なお金を得るために空いている時間を使って働いたり、できることはすべてしました。中でも一番大きかった犠牲は、家族の主な収入源であるりんご園をその期間離れることでした。神殿の奉献式が行われるのはちょうどりんごの収穫の時期だったのです。彼らは主を信頼し、ニュージーランドから帰るまでりんごが無事であると信じました。 ついに神殿の奉献の日が訪れ、ベンダー家族は奉献式に出席し、家族として結び固められることができました。神殿に行くために払った犠牲と神殿での経験によって、ベンダー家族は救いの計画についての真理を学び、強められました。特に、その三年後に一家の父であるベンダー兄弟が43歳の若さで亡くなった時は、その真理が彼らに悲しみを乗り越える強さを与えてくれました。 私たちは神殿に行くために何を犠牲にする必要があるでしょうか。忙しいスケジュールの中で時間を割く必要があるかもしれませんし、高い交通費を払う必要があるかもしれません。 捧げる犠牲がどんなものであったとしても、神殿に行くことでたくさんの祝福を受けることができます。ベンダー家族と同じように、高い所から大いなる知識が与えられるのです。 ベンダー家族についてもっと読む ソース:教会の歴史 —Shelisa Baldwin, Mormon Insights もっとインサイトを見つける  ハミルトン ニュージーランド神殿の写真    

教会の女性の聖なる役割

女性は神の娘であり、主の回復された教会の中で重要な役割がある。 この世に生まれる全ての人々は神の子であって、大きな価値があります。「神の子」という教会の子供の局の歌詞は全ての男性、女性、子供たちに当てはめることができます。皆さんは大切で、キリストのように奉仕する機会があります。 「教会の女性」という記事は女性が色んな方法で助けて、奉仕することを説明します。会員伝道をはじめに、「改宗者の定着,あまり活発ではない会員の活発化,神殿および家族歴史の業,福音の教導,貧しい人々や助けを必要とする人々への支援などが含まれます。」 教会の女性は具体的な務めも受けて、下記の組織などで男性、女性、と子供たちを数々な方法で助けて、祝福します。 扶助協会: 世界一番大きい女性団体(18歳以上) 若い女性: 12歳~18歳のための組織 初等協会: 3歳~11歳のための組織 日曜学校: 青年と大人に教会の教義を教える組織 組織の会長会に勤めている女性は調整集会に参加します。そして、地元に対しても世界に対しても、教会員を助けて、導く決定過程にも協力します。女性は教会の組織、動き、と主の業に重要な貢献をして、教会の平等な秩序に必要であるでしょう。 女性たちは聖なる役目を果たすとき、主の模範に従います。神の子である全ての人々はキリストの弟子となれます。 福音のテーマの記事を読める。「教会の女性」 ソース:福音のテーマ ケーティー・ホーリングスワース、モルモンインサイト ベンジャミンダーティさんが翻訳 、モルモンインサイト 写真提供モーガンセッション

モルモン教の信者はどうやって「救われる」でしょうか?

たくさんキリスト教会の宗派は救われるということについて話します。モルモンの人は救われるのを信じていますか?モルモンの「救われる」とは何ですか?  一部のモルモンは友達に「救われますか?」と聞かれるときに、慌てるかもしれません。私たちはクリスチャンです。私たちは救い主に信じっています 。しかし、救われているとはどういう意味でしょうか? イエス・キリストは私たちの救い主であり、「わたしたちが救われるべき名は、この名のほか、天下のだれにも与えられていないからです。」lds.orgの福音のテーマのページで「救われる」と「救い」という言葉が私たちとキリストとの関係の象徴と教えてくれます。「この聖約関係を通して,従順であるならば,罪のもたらす永遠の結果から救われることを保証されます。」 それにしても、他の宗教の信者はモルモン教の信者が救われると信じているかどうか尋ねるかもしれません。福音のテーマの記事は次のように説明します。「もしもだれかに救われているかどうか尋ねたとしたら,その答えは,「救い」の意味によって異なるでしょう。「はい」と答えることもあるでしょう。「はい,でも条件があります」という答えもあるのではないでしょう。 イエス・キリストは六つの方法で私たちを救ってくださいます。最初の二つは一番話されています:肉体の死と罪から救われることです。この二つの救いの現れはキリストの贖いによって与えられるが、肉体の死から救われるのは全人類に与えてくだされます。その二番目には条件があります。罪から救われることはイエス・キリストに対する信仰を働かせ,悔い改め,バプテスマを受け,聖霊の賜物を受けるという条件があります。 教会員は救いを受けるために信仰を強め、悔い改めという癒すプロセスを続け、戒めを守ることによって救いを受けられます。この方法に従って、信仰で行動するすべての人々は購いを通して救われます。 救い主の贖いによって救いが可能になります。救い主は私たちに聖霊の賜物を受けて、キリストの光について学ぶ機会を与えてくださいます。全ての場合に、救い、あるいは救われるとは私たちの救い主によって行われています。 福音のテーマの救いに対する記事を読む ソース:福音のテーマ ベサニー・ハイルストヌ、モルモンインサイト もっと調べる 聖句ガイドで救いについてもと読む イエスキリストが救い主の役割の聖書ビデオを見る リンジー・ウィリアムズさんが翻訳 、モルモンインサイト 写真提供LDSメディアライブラリー

最初の示現の異なるアカウントを和解する

あまり知られていないジョセフ・スミスの最初の示現のアカウントはその出来事についてより深い理解を与え、あなたの証を強めることができます。

贖い:依存症の終わり

何度も過ちを起こしてしまう習慣と闘っていますか?諦めずにキリストに自分をすべて捧げてください。贖いによってキリストはあなたが依存症を克服することができるように助けてくださいます。  「不幸は仲間を好む」というフレーズを聞いたことがありますか?サタンは私たちが不幸、苛立ち、希望がないと感じるように、私たちに罪を起こしてほしいです。しかし、私たちは神様の子供で、違う運命があります。モルモン書の預言者リーハイは次のように教えてくれました。私たちの目的は「喜びをえる」ことです。神様は私たちを愛し、サタンの反対で私たちに罪から解放され、私たちが幸せであることを望んでおられます。 「おお,悪しき者のあの狡猾な策謀よ」という総大会の話でM・ラッセル・バラード長老は贖い が私たちの弱さと罪と依存症を克服するために最高の道具であることを教えてくれます。神様は私たちが地上に来たときにサタンの狡猾な方法に誘惑され、試されることを知っておられました。神様の子供たちに対する深い愛のおかげでイエス・キリストの贖いの憐れみによって克服する方法を与えてくださいました。 祈りによって私たちはサタンを克服するために、贖いとイエス・キリストの力をアクセスできます。バラード長老は「熱心な祈りこそ,平安を見いだし,欲求を克服するのに必要な霊的な力を得るための鍵です。」と言ってくれます。「何度も繰り返す必要があるかもしれません」がバラード長老は次のような証を述べます。「皆さんの肉体や思い,霊は変えられ,清められ, 癒 いや され,そして皆さんは解放されるでしょう。」 キリストの贖いを信じる信仰を持ち、熱心な祈りで神様に心を向けると、罪を克服することからの自由を感じます。そして、神様が私たちを愛し、また私たちが幸せであることを望んでおられることが分かるようになります。 「おお,悪しき者のあの狡猾な策謀よ」バラード長老のお話を読んで下さい ソース:LDS総大会 ジェシカ・ポーター、モルモンインサイト もっと調べる 放蕩息子のたとえ話が神様の愛と皆さんに御許に帰えてほしいことを教えてくれます。 リンジー・ウィリアムズさんが翻訳、モルモンインサイト
教会の女性の聖なる役割

教会の女性の聖なる役割

女性は神の娘であり、主の回復された教会の中で重要な役割がある。 この世に生まれる全ての人々は神の子であって、大きな価値があります。「神の子」という教会の子供の局の歌詞は全ての男性、女性、子供たちに当てはめることができます。皆さんは大切で、キリストのように奉仕する機会があります。 「教会の女性」という記事は女性が色んな方法で助けて、奉仕することを説明します。会員伝道をはじめに、「改宗者の定着,あまり活発ではない会員の活発化,神殿および家族歴史の業,福音の教導,貧しい人々や助けを必要とする人々への支援などが含まれます。」 教会の女性は具体的な務めも受けて、下記の組織などで男性、女性、と子供たちを数々な方法で助けて、祝福します。 扶助協会: 世界一番大きい女性団体(18歳以上) 若い女性: 12歳~18歳のための組織 初等協会: 3歳~11歳のための組織 日曜学校: 青年と大人に教会の教義を教える組織 組織の会長会に勤めている女性は調整集会に参加します。そして、地元に対しても世界に対しても、教会員を助けて、導く決定過程にも協力します。女性は教会の組織、動き、と主の業に重要な貢献をして、教会の平等な秩序に必要であるでしょう。 女性たちは聖なる役目を果たすとき、主の模範に従います。神の子である全ての人々はキリストの弟子となれます。 福音のテーマの記事を読める。「教会の女性」 ソース:福音のテーマ ケーティー・ホーリングスワース、モルモンインサイト ベンジャミンダーティさんが翻訳 、モルモンインサイト 写真提供モーガンセッション
愛:道に迷っている羊を助けるための鍵

愛:道に迷っている羊を助けるための鍵

友人や家族の一人が福音の道から迷い出る時、愛は最良の助けとなります。  教会に不活発になってしまった、あるいは教会から去ることを決心をした身近な人を知っていますか?わたしたちが真実と知っているものを愛する人が捨ててしまうのを見ることは難しいことです。彼らの友達、または家族の一人として、私たちはどのように彼らを助けることができるでしょうか。また、どのように彼らを励まし、この福音が教える真理について思い出させることができるでしょうか。   2015年4月の総大会の「放蕩息子を待つ」というお話の中で、ブレント・H・二ールソン長老は迷っている人々を助けるための最も良い方法を説明してくれています。   ニールソン長老は教会を去った姉のスーザンを助けるために努力しました。しかし、ニールソン長老と彼の兄弟たちの「救い出し,連れ戻すための努力は,かえって姉を遠ざけてしまうだけでした。」愛する人が福音に戻るための自分の努力にも関わらずポジティブな結果が見られない時は、がっかりした気持ちを感じるのが普通です。何年もたってから、スーザンは結局教会に戻りました。しかしそれは、スーザンの家族がうるさく教会に行くように誘ったからではなく、ただ彼らがスーザンを愛していたからでした。彼らは家族の行事に彼女を招待し、彼女が様々なことをやり遂げるのを支えました。また、家族の活動に彼女の子供を呼んだり、彼らが彼女を信頼していること、そして愛していることを示したりしました。彼らの努力はシンプルなものでしたが、スーザンを愛し続けたので、彼女は結局教会に戻ってきました。   ニールソン長老の忍耐と愛の模範は、どのように私たちが愛する人たちに福音に戻るように手を差し伸べられるかという疑問への完璧な答えです。  ニールソン長老の「放蕩息子を待つ」という話を読む  ソース:lds.org シェリサ・バルドウィン、モルモンインサイト   もっと調べる ディーター・F・ウークトドルフ管長の「ともに集いましょう」という話を読む  リンジー・ウィリアムズさんが翻訳 、モルモンインサイト
最初の示現の異なるアカウントを和解する

最初の示現の異なるアカウントを和解する

あまり知られていないジョセフ・スミスの最初の示現のアカウントはその出来事についてより深い理解を与え、あなたの証を強めることができます。
福音について難しい質問を尋ねる

福音について難しい質問を尋ねる

ローズマリー・ウィクソム姉妹は、私たちが福音について質問を尋ねて難しい答えを受けるとき、霊的に助けになる良い方法を教えてくれます。 「質問が難しくなるにつれ,答えも得にくくなりました。時には答えがない,あるいは平安をもたらす答えがないこともありました」。「信仰に立ち返る」という2015年4月の総大会の話でローズマリー・ウィクソム姉妹は、たくさんの教会員が質問を尋ねて答えを受ける過程の難しさに直面していることを指摘しています。何回尋ねても直接的な答えを受けられないという経験によって私たちは霊的に成長することができます。あるいは質問そのもののと同じぐらい難しく、信仰が試されるような答えを受けることでも、私たちは強くなることができます。 多くの教会員が頻繁に不確かさと疑いという壁に直面します。そしてこのような疑問が信仰と恐れの間での葛藤、また信じるか疑うかという迷いを心の中に引き起こすことになるのです。 私たちが難しい質問に直面し、教会の教義を疑い、教会の指導者の行動について疑問を持つとき、一歩後ろに下がって福音の基本的な真理に対する証を強めるのが良いとウィクソム姉妹は教えてくれます。神様が具体的な質問に対する個人的な答えを与えてくださらないと感じるとき、その答えは、視野を広げて、生ける預言者や、神様の愛と全知、回復といった簡単な真理についての証を強めることかもしれません。  信仰とはもともと「完全な知識がないにもかかわらず信じること」を必要とするものですが、ウィクソム姉妹の言葉は私たちに「信仰はそのときの理性(その時知り得ること)の限界を超越できること」を思い出させてくれます。神様と神様のタイミングを信じる信仰を示すときに、具体的な答えや「静かで簡潔な確信という答え」を受けるかもしれませんが、多くの場合私たちは神様からの平安を受けます。そしてこの平安は、時に実際に求めていた知識より力強く、私たちを元気づけてくれることもあるのです。 ローズマリー・ウィクソム姉妹の話を読む ソース:lds.org マーク・T・ハルズ、モルモンインサイト 信仰についてもと読む バーバラ・トンプソン姉妹の「個人の啓示と証」を読む、またはビデオを見る リンジー・ウィリアムズさんが翻訳 、モルモンインサイト
緊急時への備え 101: 6つの指針

緊急時への備え 101: 6つの指針

予想外の嵐や、停電、地震、洪水が起こった時でも、緊急事態への備えがあればあなた自身と家族を守ることができます。  火災、津波、または他の自然災害について不安になることがありますか?備えることは、安全で穏やかな暮らしをおくる助けになります。 LDS.org の福音のテーマ によると「霊的にも物質的にも備えていれば,恐れることはありません。……教会指導者の導きを通して,会員は個人でも,家族としても,個人的あるいは一般的な緊急事態に備える必要があります。」 記事では、緊急事態に備える6つのステップが提案されています。 緊急時の計画を立てる 災害が起こった時の連絡方法と集まる場所を決めましょう。 3ヶ月分の食料を貯蔵する 買い物に行くたびに、いくつか余分な食品を買っておきましょう。食料貯蔵のをする時のいくつかの指針も紹介しています。 飲料水を保存する 水は貴重な資源です。水を収集し、長期間安全に保存する方法についてのいくつかのアイデアもあります。 預貯金を備える 借金を避け、緊急時の資金を維持するのは緊急時事態に備える最良の方法の一つです。借金を返済し、毎月お金を少しづつ貯めることを始める方法についてのいくつかの指針も見てみてください。 重要な書類を保存する 家から避難する必要がある場合に備えて、重要な書類(出生証明書、家族の写真など)が取り出しやすいようにしましょう。 薬および救急箱を用意する 補充できない場合に備え、必要な薬剤や薬品が含まれている救急箱を作ってください。 福音のテーマの記事をすべて読む「緊急時への備えと対策」 ソース:福音のテーマ アンジェラ・マーラー、モルモンの考察 ブrァイアン・エメリーさんが翻訳 、モルモンインサイト 写真マイケル・J・メーラー
「人種と神権」の歴史的背景

「人種と神権」の歴史的背景

人種と神権という話題は今日まで、末日生徒達やその他の人々の信仰を試してきました。この問題を正しく理解するために、歴史的な背景を見てみましょう。  LDS.orgの福音のテーマにある「人種と神権」という記事は、歴史的事実の詳細を教えるとともに、私たちに霊的な洞察を与えてくれます。 末日生徒イエス・キリスト教会は、人種的な混乱が多い時期にアメリカ合衆国で設立されました。1830年、奴隷制度は合法で、人種差別はアメリカの北方及び南方でも広く普遍化しており、多くの州は異人種間の結婚を禁止する法律を施行していました。 1857年には,合衆国最高裁判所は「白人が尊重する義務のある権利」を黒人が持たないという判決を下しました。1865年に南北戦争が終わった後でさえ、合衆国最高裁判所は1954年まで「分離平等政策」を廃止せず、異人種間の結婚を禁止する法律も1967年まで廃止しませんでした。 同時期、ある少数の黒人男性はすでに神権を受ていたにもかかわらわず、ブリガム・ヤング大管長は『アフリカ系黒人男性は,これ以降神権に聖任されない』と公式発表しました。また、同じ発表の中でヤング大管長は、将来いつの日か教会の黒人の会員は,他の会員たちが享受している「〔すべての〕またさらなる特権」を得るであろうとも述べました。 何年にもわたって、黒人はバプテスマと聖霊の賜物を受けていましたが、その他の制限が取り去られることを長らく待っていました。しかしながら、1852年から1978年までは、アフリカ系黒人の男性は神権に聖任されず、黒人の男女が神殿の儀式、すなわちエンダウメントと結び固めに参加することも許可されることはありませんでした。 しかし、1978年に、大管長会は熱心に祈り、神聖な導きを求めた後、ついに、『主はわたしたちの祈りを聞いてくださいました。…預言されて久しい約束の日が訪れ〔たのです。〕…教会の忠実なふさわしい男性が皆、聖なる神権を…受けることができ…神殿の祝福を含むあらゆる祝福を愛する人々とともに享受することができ〔ます。〕』と発表しました(教義と聖約 公式の宣言二 参照)。それ以来、アフリカ人、またアフリカ系の会員数は急速に増加しています。 福音のテーマの記事には『教会は過去に流布した黒い肌は神が嫌われたしるし,またはのろい,あるいは前世での行いを反映している,異民族間の結婚は罪である,黒人やその他の人種または民族はほかのだれかに比べて多少なりとも劣っているなどの見解を否定します。今日の教会指導者たちは,いかなる形でも過去,現在のすべての人種差別を全面的に非難します』と記述されており、教会の人種差別に対する姿勢を明確にしています。 福音のテーマの記事のすべてを読む ソース:福音のテーマ アンバー・ダルトン、モルモンインサイト リンジー・ウィリアムズさんが翻訳 、モルモンインサイト 写真提供LDSメディアライブラリー