モルモン教の信者はどうやって「救われる」でしょうか?

たくさんキリスト教会の宗派は救われるということについて話します。モルモンの人は救われるのを信じていますか?モルモンの「救われる」とは何ですか?  一部のモルモンは友達に「救われますか?」と聞かれるときに、慌てるかもしれません。私たちはクリスチャンです。私たちは救い主に信じっています 。しかし、救われているとはどういう意味でしょうか? イエス・キリストは私たちの救い主であり、「わたしたちが救われるべき名は、この名のほか、天下のだれにも与えられていないからです。」lds.orgの福音のテーマのページで「救われる」と「救い」という言葉が私たちとキリストとの関係の象徴と教えてくれます。「この聖約関係を通して,従順であるならば,罪のもたらす永遠の結果から救われることを保証されます。」 それにしても、他の宗教の信者はモルモン教の信者が救われると信じているかどうか尋ねるかもしれません。福音のテーマの記事は次のように説明します。「もしもだれかに救われているかどうか尋ねたとしたら,その答えは,「救い」の意味によって異なるでしょう。「はい」と答えることもあるでしょう。「はい,でも条件があります」という答えもあるのではないでしょう。 イエス・キリストは六つの方法で私たちを救ってくださいます。最初の二つは一番話されています:肉体の死と罪から救われることです。この二つの救いの現れはキリストの贖いによって与えられるが、肉体の死から救われるのは全人類に与えてくだされます。その二番目には条件があります。罪から救われることはイエス・キリストに対する信仰を働かせ,悔い改め,バプテスマを受け,聖霊の賜物を受けるという条件があります。 教会員は救いを受けるために信仰を強め、悔い改めという癒すプロセスを続け、戒めを守ることによって救いを受けられます。この方法に従って、信仰で行動するすべての人々は購いを通して救われます。 救い主の贖いによって救いが可能になります。救い主は私たちに聖霊の賜物を受けて、キリストの光について学ぶ機会を与えてくださいます。全ての場合に、救い、あるいは救われるとは私たちの救い主によって行われています。 福音のテーマの救いに対する記事を読む ソース:福音のテーマ ベサニー・ハイルストヌ、モルモンインサイト もっと調べる 聖句ガイドで救いについてもと読む イエスキリストが救い主の役割の聖書ビデオを見る リンジー・ウィリアムズさんが翻訳 、モルモンインサイト… Continue reading

最初の示現の異なるアカウントを和解する

あまり知られていないジョセフ・スミスの最初の示現のアカウントはその出来事についてより深い理解を与え、あなたの証を強めることができます。 ジョセフ・スミスが14才だったとき、森の中で神であるお父様とイエスキリストはジョセフ・スミスに現れました。その後、ジョセフは生涯の間、この経験を4回書き記しました。毎回違う詳細や強調を含んでいました。 批判者は複数の記事がこのイベントの真実性を弱くすると論じています。「最初の示現の記録」というlds.orgの福音のテーマの記事はその反対を教えています。「…あまりよく記録されなかったものに比べ、豊富な歴史の記録により、わたしたちはこの特筆すべき出来事についてさらに学ぶことができます。」 批判者の主な議論の一つは、ジョセフ・スミスに現れた人々の数の違いについてです。1832に書き記した最初のアカウントでは、「主が私の上に天を開き、私主を見た。」と書いてあります。その後、1835、1838、1842に書き記した他のアカウントはジョセフが二人と書き現わしました。 1832のアカウントの意味は違うかもしれません。Lds.orgの福音のテーマの記事によると、ジョセフは両方の天の御方を「主」と呼んだのかもしれません。1832年、ジョセフの神会に対する理解はあまりなかったことを覚えないといけません。そして、最初の示現の書き記し方はジョセフの知識が増えていることを説明しています。 福音の原則の証を得るために勉強し、祈ることと同様に、最初の示現のアカウントについても勉強し、祈るべきです。記事に書いてあるように「もし人が誠心誠意,聖霊により与えられた答えに従って行動するなら,ジョセフ・スミスの示現に対する真実性が明らかにされるでしょう。」 1832のアカウント この記録で、ジョセフは神聖な森で彼の経験について書いています。具体的にこの記録はジョセフの罪に対する 。1832版を読む。 1835のアカウント 。1835版を読む。 1838のアカウント。1838版を読む。 1842のアカウント。 ウェントワース書簡にある1842版を読んで、それからウェントワース書簡の背景について学ぶ。 この記事を読めます:最初の示現の記録  ソース:lds.orgの福音のテーマ… Continue reading

贖い:依存症の終わり

Jesus praying for our sins

何度も過ちを起こしてしまう習慣と闘っていますか?諦めずにキリストに自分をすべて捧げてください。贖いによってキリストはあなたが依存症を克服することができるように助けてくださいます。  「不幸は仲間を好む」というフレーズを聞いたことがありますか?サタンは私たちが不幸、苛立ち、希望がないと感じるように、私たちに罪を起こしてほしいです。しかし、私たちは神様の子供で、違う運命があります。モルモン書の預言者リーハイは次のように教えてくれました。私たちの目的は「喜びをえる」ことです。神様は私たちを愛し、サタンの反対で私たちに罪から解放され、私たちが幸せであることを望んでおられます。 「おお,悪しき者のあの狡猾な策謀よ」という総大会の話でM・ラッセル・バラード長老は贖い が私たちの弱さと罪と依存症を克服するために最高の道具であることを教えてくれます。神様は私たちが地上に来たときにサタンの狡猾な方法に誘惑され、試されることを知っておられました。神様の子供たちに対する深い愛のおかげでイエス・キリストの贖いの憐れみによって克服する方法を与えてくださいました。 祈りによって私たちはサタンを克服するために、贖いとイエス・キリストの力をアクセスできます。バラード長老は「熱心な祈りこそ,平安を見いだし,欲求を克服するのに必要な霊的な力を得るための鍵です。」と言ってくれます。「何度も繰り返す必要があるかもしれません」がバラード長老は次のような証を述べます。「皆さんの肉体や思い,霊は変えられ,清められ, 癒 いや され,そして皆さんは解放されるでしょう。」 キリストの贖いを信じる信仰を持ち、熱心な祈りで神様に心を向けると、罪を克服することからの自由を感じます。そして、神様が私たちを愛し、また私たちが幸せであることを望んでおられることが分かるようになります。 「おお,悪しき者のあの狡猾な策謀よ」バラード長老のお話を読んで下さい ソース:LDS総大会 ジェシカ・ポーター、モルモンインサイト もっと調べる 放蕩息子のたとえ話が神様の愛と皆さんに御許に帰えてほしいことを教えてくれます。 リンジー・ウィリアムズさんが翻訳、モルモンインサイト Continue reading

福音について難しい質問を尋ねる

ローズマリー・ウィクソム姉妹は、私たちが福音について質問を尋ねて難しい答えを受けるとき、霊的に助けになる良い方法を教えてくれます。 「質問が難しくなるにつれ,答えも得にくくなりました。時には答えがない,あるいは平安をもたらす答えがないこともありました」。「信仰に立ち返る」という2015年4月の総大会の話でローズマリー・ウィクソム姉妹は、たくさんの教会員が質問を尋ねて答えを受ける過程の難しさに直面していることを指摘しています。何回尋ねても直接的な答えを受けられないという経験によって私たちは霊的に成長することができます。あるいは質問そのもののと同じぐらい難しく、信仰が試されるような答えを受けることでも、私たちは強くなることができます。 多くの教会員が頻繁に不確かさと疑いという壁に直面します。そしてこのような疑問が信仰と恐れの間での葛藤、また信じるか疑うかという迷いを心の中に引き起こすことになるのです。 私たちが難しい質問に直面し、教会の教義を疑い、教会の指導者の行動について疑問を持つとき、一歩後ろに下がって福音の基本的な真理に対する証を強めるのが良いとウィクソム姉妹は教えてくれます。神様が具体的な質問に対する個人的な答えを与えてくださらないと感じるとき、その答えは、視野を広げて、生ける預言者や、神様の愛と全知、回復といった簡単な真理についての証を強めることかもしれません。  信仰とはもともと「完全な知識がないにもかかわらず信じること」を必要とするものですが、ウィクソム姉妹の言葉は私たちに「信仰はそのときの理性(その時知り得ること)の限界を超越できること」を思い出させてくれます。神様と神様のタイミングを信じる信仰を示すときに、具体的な答えや「静かで簡潔な確信という答え」を受けるかもしれませんが、多くの場合私たちは神様からの平安を受けます。そしてこの平安は、時に実際に求めていた知識より力強く、私たちを元気づけてくれることもあるのです。 ローズマリー・ウィクソム姉妹の話を読む ソース:lds.org マーク・T・ハルズ、モルモンインサイト 信仰についてもと読む バーバラ・トンプソン姉妹の「個人の啓示と証」を読む、またはビデオを見る リンジー・ウィリアムズさんが翻訳 、モルモンインサイト Continue reading