教会の女性の聖なる役割

女性は神の娘であり、主の回復された教会の中で重要な役割がある

"私たちは皆 神の子 です"

この世に生まれる全ての人々は神の子であって、大きな価値があります。「神の子」という教会の子供の局の歌詞は全ての男性、女性、子供たちに当てはめることができます。皆さんは大切で、キリストのように奉仕する機会があります。

「教会の女性」という記事は女性が色んな方法で助けて、奉仕することを説明します。会員伝道をはじめに、「改宗者の定着,あまり活発ではない会員の活発化,神殿および家族歴史の業,福音の教導,貧しい人々や助けを必要とする人々への支援などが含まれます。」

教会の女性は具体的な務めも受けて、下記の組織などで男性、女性、と子供たちを数々な方法で助けて、祝福します。

  • 扶助協会: 世界一番大きい女性団体(18歳以上)
  • 若い女性: 12歳~18歳のための組織
  • 初等協会: 3歳~11歳のための組織
  • 日曜学校: 青年と大人に教会の教義を教える組織

組織の会長会に勤めている女性は調整集会に参加します。そして、地元に対しても世界に対しても、教会員を助けて、導く決定過程にも協力します。女性は教会の組織、動き、と主の業に重要な貢献をして、教会の平等な秩序に必要であるでしょう。

女性たちは聖なる役目を果たすとき、主の模範に従います。神の子である全ての人々はキリストの弟子となれます。

福音のテーマの記事を読める。「教会の女性」

ソース:福音のテーマ
ケーティー・ホーリングスワース、モルモンインサイト

ベンジャミンダーティさんが翻訳 、モルモンインサイト

写真提供モーガンセッション

Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *