緊急時への備え 101: 6つの指針

予想外の嵐、停電、地震、洪水が起こった時でも、緊急事態えがあればあなた自身と家族を守ることができます。 

非常のために覚悟する六つのステップ 1.非常計画を作る 2.3ヶ月の保存食品を蓄える 3.飲料水供給を蓄える 4.財政保護区を備える 5.大切な資料を保存する 6.薬や応急処置用品を集める

火災、津波、または他の自然災害について不安になることがありますか?備えることは、安全で穏やかな暮らしをおくる助けになります。

LDS.org の福音のテーマ によると「霊的にも物質的にも備えていれば,恐れることはありません。……教会指導者の導きを通して,会員は個人でも,家族としても,個人的あるいは一般的な緊急事態に備える必要があります。」

記事では、緊急事態に備える6つのステップが提案されています。

  1. 緊急時計画を立てる
    災害が起こった時の連絡方法と集まる場所を決めましょう。
  2. 3ヶ月分の食料貯蔵する
    買い物に行くたびに、いくつか余分な食品を買っておきましょう。食料貯蔵のをする時のいくつかの指針も紹介しています。
  3. 飲料水を保存する
    水は貴重な資源です。水を収集し、長期間安全に保存する方法についてのいくつかのアイデアもあります。
  4. 預貯金を備える
    借金を避け、緊急時の資金を維持するのは緊急時事態に備える最良の方法の一つです。借金を返済し、毎月お金を少しづつ貯めることを始める方法についてのいくつかの指針も見てみてください。
  5. 重要な書類を保存する
    家から避難する必要がある場合に備えて、重要な書類(出生証明書、家族の写真など)が取り出しやすいようにしましょう。
  6. 薬および救急箱を用意する
    補充できない場合に備え、必要な薬剤や薬品が含まれている救急箱を作ってください。

福音のテーマの記事をすべて読む「緊急時への備えと対策

ソース:福音のテーマ
アンジェラ・マーラー、モルモンの考察

ブrァイアン・エメリーさんが翻訳 、モルモンインサイト

写真マイケル・J・メーラー

Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *