愛:道に迷っている羊を助けるための鍵

友人家族の一人が福音の道から迷い出る時、愛は最良の助けとなります。 

"迷っている人達が 愛されていると 感じられるように しましょう。"教会に不活発になってしまった、あるいは教会から去ることを決心をした身近な人を知っていますか?わたしたちが真実と知っているものを愛する人が捨ててしまうのを見ること難しいことです。彼らの友達、または家族の一人として、私たちはどのように彼らを助けることができるでしょうかまた、どのように彼らを励まし、この福音が教える真理について思い出させることができるでしょうか。 
 
20154月の総大会の「放蕩息子を待つというお話の中で、ブレント・H・二ールソン長老は迷っている人を助けるための最も良い方法を説明してくれています。 
 
ニールソン長老は教会を去った姉のスーザンを助けるために努力しました。しかし、ニールソン長老と彼の兄弟たちの「救い出し,連れ戻すための努力は,かえって姉を遠ざけてしまうだけでした。」愛する人が福音に戻るための自分の努力にも関わらずポジティブな結果が見られない時は、がっかりした気持ちを感じるのが普通です。何年もたってから、スーザン結局教会に戻りました。しかしそれは、スーザンの家族がうるさ教会に行くようったからではなく、ただ彼らがスーザンを愛していたからでした彼らは家族の行事に彼女を招待し、彼女が様々なことをやり遂げるのを支えました。また、家族の活動に彼女の子供を呼んだり、彼らが彼女を信頼していること、そして愛していること示したりしました。彼らの努力はシンプルなものでしたが、スーザンを愛し続けたので、彼女は結局教会に戻ってきました。 
 
ニールソン長老忍耐の模範は、どのように私たち愛する人たち福音に戻るように手を差し伸べられるかという疑問への完璧な答えです。 

ニールソン長老の「放蕩息子を待つという話を読む 

ソースlds.org 
シェリサ・バルドウィン、モルモンインサイト 
 
もっと調べる

ディーター・F・ウークトドルフ管長の「ともに集いましょうという話を読む 

リンジー・ウィリアムズさんが翻訳 、モルモンインサイト

Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *