最初の示現の異なるアカウントを和解する

あまり知られていないジョセフ・スミスの最初の示現のアカウントはその出来事についてより深い理解を与え、あなたの証を強めることができます。

"「わたしは示現を見た。 わたしはそれを知っていた。 神がそれを御存であるのを  わたしは知っていた。  わたしはそれを否定でき…なかった。」 - ジョセフ・スミス "

ジョセフ・スミスが14才だったとき、森の中で神であるお父様とイエスキリストはジョセフ・スミスに現れました。その後、ジョセフは生涯の間、この経験を4回書き記しました。毎回違う詳細や強調を含んでいました。

批判者は複数の記事がこのイベントの真実性を弱くすると論じています。「最初の示現の記録」というlds.orgの福音のテーマの記事はその反対を教えています。「…あまりよく記録されなかったものに比べ、豊富な歴史の記録により、わたしたちはこの特筆すべき出来事についてさらに学ぶことができます。」

批判者の主な議論の一つは、ジョセフ・スミスに現れた人々の数の違いについてです。1832に書き記した最初のアカウントでは、「主が私の上に天を開き、私主を見た。」と書いてあります。その後、1835、1838、1842に書き記した他のアカウントはジョセフが二人と書き現わしました。

1832のアカウントの意味は違うかもしれません。Lds.orgの福音のテーマの記事によると、ジョセフは両方の天の御方を「主」と呼んだのかもしれません。1832年、ジョセフの神会に対する理解はあまりなかったことを覚えないといけません。そして、最初の示現の書き記し方はジョセフの知識が増えていることを説明しています。

福音の原則の証を得るために勉強し、祈ることと同様に、最初の示現のアカウントについても勉強し、祈るべきです。記事に書いてあるように「もし人が誠心誠意,聖霊により与えられた答えに従って行動するなら,ジョセフ・スミスの示現に対する真実性が明らかにされるでしょう。」

1832のアカウント

この記録で、ジョセフは神聖な森で彼の経験について書いています。具体的にこの記録はジョセフの罪に対する 。1832版を読む

1835のアカウント 。1835版を読む

1838のアカウント。1838版を読む

1842のアカウント。

ウェントワース書簡にある1842版を読んで、それからウェントワース書簡の背景について学ぶ

この記事を読めます:最初の示現の記録 

ソース:lds.orgの福音のテーマ
アリサ・ホルム、モルモンの考察

リンジー・ウィリアムズさんが翻訳 、モルモンインサイト

写真エイドリアンマルケFlickrで

Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *